ヘッドラインニュース

阪大附属病院、「補完医療外来」を開設

 機能性食品の相談に対応
 大阪大学は来月3日より、生活習慣病に対する機能性食品の利用相談などに応じる「補完医療外来」を附属病院総合診療外来に開設する。同外来では、機能性食品、鍼灸、ヨガ、アロマテラピーなどに関する相談のほか、患者の希望に応じて臨床試験も行う。「国立大学の付属病院としては初めての取り組みになる」という。→続きは「健康産業速報」第1038号で!

関連記事

  1. 家計調査、健食8%増、無職世帯は減少
  2. 大阪でメタボ対策のトライアル事業がスタート  特保も活用
  3. 厚労省、特別用途食品制度で通知
  4. 食品免疫学会、乳酸菌・免疫ミルクなどで新知見
  5. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  6. 農水省 食品研究課題の事前評価 条件付特保の申請に期待
  7. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  8. 都消費生活総合センター 健食相談概要まとめる 健康被害も報告
PAGE TOP