ヘッドラインニュース

食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマコブ 「優先度低い」として見送り

 食品安全委員会は27日に開催した企画専門調査会で、今年度の食品健康影響評価の対象課題の絞り込みを行い、プエラリア・ミリフィカ、ノニジュース、メシマコブをリスク評価対象とするかどうかを検討。その結果、消費者が日常的に摂取しているわけではなく、優先度が低いことなどを理由に、これらの健食3素材は今回のリスク評価対象から外すことで合意した。→続きは「健康産業速報」第1064号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労科学研究、健食の安全確保事業を推進
  2. 日健栄協、7日に賀詞交歓会 600人が参加
  3. 農水省 食品機能研究の成果発表
  4. 世界有数の素材展に 海外の有力者が続々来日 「ビジネス交流会」も…
  5. 中国の電子商取引市場、56兆円 「越境」は4.8兆円、サプリ人気…
  6. グルコサミン、10%増で800トン突破
  7. 国立栄研、CoQ10情報を更新
  8. 特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート
PAGE TOP