ヘッドラインニュース

食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマコブ 「優先度低い」として見送り

 食品安全委員会は27日に開催した企画専門調査会で、今年度の食品健康影響評価の対象課題の絞り込みを行い、プエラリア・ミリフィカ、ノニジュース、メシマコブをリスク評価対象とするかどうかを検討。その結果、消費者が日常的に摂取しているわけではなく、優先度が低いことなどを理由に、これらの健食3素材は今回のリスク評価対象から外すことで合意した。→続きは「健康産業速報」第1064号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日本薬学会、3月に熊本で
  2. 日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」
  3. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
  4. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
  5. アガリクス問題、新局面に 食安委、追加試験を要求 厚労省、対応策…
  6. 日本CoQ1協、10品に初の認定マーク
  7. 日本病院会 人間ドック全国集計
  8. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
PAGE TOP