ヘッドラインニュース

新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型

 20日に公表された厚生労働省の平成19年度予算当初内示額は21兆4723億円で、18年度比2.5%増となった。メタボリックシンドローム対策の推進に98億円を計上。若年期からのメタボリックシンドローム予防などに取り組む。→続きは『健康産業速報』第1088号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
  2. オーサワジャパン、関西圏に初進出
  3. 1240号(2008年6月27日号)配信
  4. 東京都 9日に健食専門委
  5. 米IFT、「低GI値素材」が台頭
  6. 「ルナYBF」設立、ルナ再生計画で 山田養蜂場製品の製造も
  7. 1235号(2008年6月10日号)配信
  8. 経産省、各地で健食開発を推進
PAGE TOP