ヘッドラインニュース

新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型

 20日に公表された厚生労働省の平成19年度予算当初内示額は21兆4723億円で、18年度比2.5%増となった。メタボリックシンドローム対策の推進に98億円を計上。若年期からのメタボリックシンドローム予防などに取り組む。→続きは『健康産業速報』第1088号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
  2. 丸栄トレーディング、新化粧品原料の供給開始
  3. アピ、サプリメント研究会開催 香辛料の有効性など紹介
  4. 宮城県、国産のニセ薬を発見
  5. 新食事摂取基準、4月適用
  6. EFSA 「新規食品」の認定迅速化 「伝統食品」は食経験25年以…
  7. HPMC、年度内にも規制緩和か
  8. リコム、キノコキトサンで「食事制限なしにダイエット可能」
PAGE TOP