未分類

【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と洗浄確認

 食品工場の洗浄・除菌は衛生管理の基本だが、食品の安心・安全が厳しく問われる昨今、以前にも増してその重要性が強く認識されるようになっている。近年は、洗浄・除菌剤のやみくもな多用を避け、安全性や環境負荷、経済性を加味し、少量で洗浄・除菌効果を確実に上げられるサニタイザーが求められるなど、実質を追求するニーズが浮上。一方でウイルス対策もクローズアップされ、ウイルスに効果のある製剤の需要も高まってきている。

 洗浄と除菌の対象は、食品(原材料、最終製品)、施設(天井、床、壁面)、設備(機械、器具)、包装資材(原料資材、容器)、作業従事者(手指・衣服など)であり、有害物質として洗浄対象となるものは、①微生物、②残留農薬、③付着した食品、原料残渣、④土・砂、⑤塵・埃、⑥サビなどが挙げられる。「洗浄」において対象を微生物(カビ・細菌類)に特定する場合は「除菌」として認識される。薬剤の種類は、アルコール系やヨード系など様々だが、それぞれの特徴を理解し、用途・目的別での使い分けが必要。洗浄・除菌効果だけでなく、洗浄作業性(水溶性やすすぎ性など)や安全性(食品衛生・労働安全性)、環境負荷などの要素も加味して選択する必要がある。

<衛生管理ツールの主な取扱企業>

・洗浄・除菌剤
日本化薬フードテクノ
キリン協和フーズ
タイショーテクノス
・洗浄資材
日東紡
・防虫対策
エバーライツ
・ATPふき取り検査キット
キッコーマン食品
エア・ブラウン
スリーエム ヘルスケア

関連記事

  1. 人口減少時代の始まりと食品開発の新たな可能性
  2. 【10月号】脳機能改善素材の開発
  3. 海外開発トピックス
  4. クローズアップ
  5. ●国民栄養調査にみる「栄養が足りていても減らない生活習慣病」現象…
  6. メタボリックシンドロームとダイエット食品市場の現状
  7. 【支援技術】機能性食品製造をサポートする粉粒体技術
  8. 酵母、植物由来β-グルカン素材の開発動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP