未分類

食物繊維素材の最新動向

食物繊維は我々の食生活において不足しがちな栄養素として、第6次改定栄養所要量においては、1日当たりの目標摂取量が成人で20~25gと設定されている。だが、ここ数年の国民栄養調査から算出した食物繊維の摂取量を見ても、改善方向に向かっているとはまだまだ言い難い。一方で、食物繊維の持つ各種疾病予防作用が明らかになる中、その機能性を利用した食品の開発も進んでおり、特定保健用食品をはじめ、様々な形態の食品に利用されている。また、繊維強化目的に比べ一品当たりの使用量は少ないが、保水性・保型性、安定性などの物性を活かした需要も大きくなっている。
本稿では、各種食物繊維素材の利用動向と市場状況などについてみていく。


●主なサプライヤー1
ダニスコジャパン
松谷化学工業
ロケットジャパン
太陽化学
・不二製油
・コロイドナチュレル
・クレオ・インターナショナル
清水化学
・日本シーベルへグナー

●主なサプライヤー2
丸栄トレーディング
日本甜菜製糖
伊那食品工業
オルガノ
日本食品化工
旭化成
・研光通商
ダイセル化学工業
キッコーマン—–

関連記事

  1. 【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!
  2. 食品産業での酵素の利用動向
  3. 安全・安心訴求で伸びる天然調味料市場
  4. CLOSE UP
  5. CLOSE UP
  6. 【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!
  7. 【素材レポ】減塩食品の課題と解決策
  8. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向

おすすめリンク先

PAGE TOP