未分類

曽田香料、富士フレーバーのフレーバー事業を譲受

曽田香料は6月21日、富士フレーバーのフレーバー事業と付随する事業を譲受する方向で合意したと発表した。富士フレーバーはフレーバー事業から撤退する。

譲受の業務範囲はフレーバー事業全般を対象としており、加工食品向け調合香料事業はもとより、超臨界二酸化炭素抽出技術を活用した天然原料の抽出事業(各種エキストラクトの製造販売)、天然色素事業をも含む。

両社は、顧客への製品供給に支障がでないように円滑な事業移管を進め、本年9月末をめどに事業譲渡契約を締結していく予定。

関連記事

  1. ユベリ博士の独創的ダイエット論<13>
  2. 高機能化が進む電子天びんの最新動向
  3. 【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス
  4. 【品質安全】品質管理に欠かせない温度管理技術
  5. 特別用途食品制度の見直しに商機あり
  6. 【素材レポ】ヒアルロン酸・レシチン複合体(HAPLEX)のラット…
  7. 食品産業における異物混入対策
  8. 【特別寄稿】耐熱性酵素を用いたバイオエタノールの生産

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP