未分類

曽田香料、富士フレーバーのフレーバー事業を譲受

曽田香料は6月21日、富士フレーバーのフレーバー事業と付随する事業を譲受する方向で合意したと発表した。富士フレーバーはフレーバー事業から撤退する。

譲受の業務範囲はフレーバー事業全般を対象としており、加工食品向け調合香料事業はもとより、超臨界二酸化炭素抽出技術を活用した天然原料の抽出事業(各種エキストラクトの製造販売)、天然色素事業をも含む。

両社は、顧客への製品供給に支障がでないように円滑な事業移管を進め、本年9月末をめどに事業譲渡契約を締結していく予定。

関連記事

  1. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  2. 食品分野における画像処理、文字検査装置の最新動向
  3. 【9月号】食品・飲料製造における殺菌技術と装置開発
  4. 編集部から
  5. 混迷深める残留農薬ポジティブリスト問題
  6. 海外開発トピックス
  7. 【6月号】2011国際食品工業展 企画
  8. 生産管理システムとトレーサビリティシステム

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP