未分類

曽田香料、富士フレーバーのフレーバー事業を譲受

曽田香料は6月21日、富士フレーバーのフレーバー事業と付随する事業を譲受する方向で合意したと発表した。富士フレーバーはフレーバー事業から撤退する。

譲受の業務範囲はフレーバー事業全般を対象としており、加工食品向け調合香料事業はもとより、超臨界二酸化炭素抽出技術を活用した天然原料の抽出事業(各種エキストラクトの製造販売)、天然色素事業をも含む。

両社は、顧客への製品供給に支障がでないように円滑な事業移管を進め、本年9月末をめどに事業譲渡契約を締結していく予定。

関連記事

  1. 天然色素市場の動向 ~安全・安心と健康イメージを訴求
  2. 日清製粉グループ、青大豆の抗アレルギー作用を証明
  3. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術
  4. 【9月号】スーパーフルーツ素材の市場動向
  5. クローズアップ
  6. 【素材レポ】乳酸菌と野菜成分による免疫賦活効果
  7. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  8. 【市場動向】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP