未分類

食品製造施設のためのエアコントロール技術【HACCP】

食品業界で必要なエアコントロール技術とは
エアフィルタ、クリーンルーム・ブース、パーティクルカウンター、エアサンプラーを取り扱う
資材メーカーの動向
昨年から今年にかけ、HACCPのベースともいえる一般的衛生管理(PP)の重要性が強調された。その中で施設・現場の衛生管理、つまりハードの部分から食品の安全性・品質を維持するための空調管理・エアコントロールシステムの見直しも進んでいる。業種・業態によって製造される品目も多種多様であるため、現場においても、臭気対策、湿度対策、落下・付着菌のコントロールなどプライオリティーも変わってくるが、品質管理のためには全てをクリアしておく必要があるといえる。 また今回先送りになったが、将来的には栄養補助食品のGMPの導入が見込まれており、高いレベルでの品質管理を目指す製造・流通メーカーにとって、エアコントロール技術の導入は危急の案件ともいえよう。 本稿では、食品工場で求められるエアコントロール技術についてみていく。

関連記事

  1. 食品工場のクリーン化とエアコントロール
  2. オゾンによる除菌・消臭作用の利用技術
  3. 編集部から
  4. NEWS ARCHIVES
  5. クローズアップ
  6. 【9月号】スーパーフルーツ素材の市場動向
  7. 食品品質管理に欠かせない温度管理技術
  8. 【品質・安全】食品品質を左右する温度管理技術

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP