食品素材の記事

加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売

タマ生化学は、加熱調理のできる高濃度EPA/DHA粉末を拡充し、2月から本格販売を開始する。製品はEPAを280mg/g以上に規格化した「EPAパウダー300」とDHAを280mg/g以上に規格化した「DHAパウダー300」を品揃え。健康志向の焼菓子やベーカリー商品などをターゲットに、小麦粉等への粉/粉混合や練りこみでの使用を提案する。

本製品は、自社工場で製造したマグロ・カツオ由来のDHAオイルとイワシなどの青魚を主体としたEPAオイルを原料に使用し、酵素架橋ゼラチン技術(マイクロカプセル化)を有する国内協力工場で高濃度のまま粉末化している。臭いが少なく、酸化安定性に優れており、加熱調理した後も魚臭くなりにくく、EPA/DHAが劣化しない。

小麦粉等への粉/粉混合や練りこみにも適しており、昨年10月開催の食品開発展2019では、これらパウダーを使用したチョコ味のDHAクッキーとEPAクッキーを用意。1個あたりそれぞれ600mg配合し、高配合でもおいしさが実感できることを来場者にアピールし、好評を博した。

関連記事

  1. 日清ファルマ、ポリアミン酵母など新素材2品を参考出展
  2. 植物エストロゲン成分を含んだ新素材「アグアヘエキス」
  3. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  4. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  5. ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介
  6. 池田糖化工業、「甘草根エキスパウダー」を和漢食品向けに提案
  7. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ
  8. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表

おすすめリンク先

PAGE TOP