食品素材の記事

加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売

タマ生化学は、加熱調理のできる高濃度EPA/DHA粉末を拡充し、2月から本格販売を開始する。製品はEPAを280mg/g以上に規格化した「EPAパウダー300」とDHAを280mg/g以上に規格化した「DHAパウダー300」を品揃え。健康志向の焼菓子やベーカリー商品などをターゲットに、小麦粉等への粉/粉混合や練りこみでの使用を提案する。

本製品は、自社工場で製造したマグロ・カツオ由来のDHAオイルとイワシなどの青魚を主体としたEPAオイルを原料に使用し、酵素架橋ゼラチン技術(マイクロカプセル化)を有する国内協力工場で高濃度のまま粉末化している。臭いが少なく、酸化安定性に優れており、加熱調理した後も魚臭くなりにくく、EPA/DHAが劣化しない。

小麦粉等への粉/粉混合や練りこみにも適しており、昨年10月開催の食品開発展2019では、これらパウダーを使用したチョコ味のDHAクッキーとEPAクッキーを用意。1個あたりそれぞれ600mg配合し、高配合でもおいしさが実感できることを来場者にアピールし、好評を博した。

関連記事

  1. 林原、液状・低分子で甘みのある水溶性食物繊維「テトラリング®」6…
  2. GABAの認知機能における有効性を確認
  3. 急騰するビタミンB群相場
     ―中国の環境規制問題が原料メ…
  4. プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」
  5. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認
  6. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  7. オリザ油化、新規成分「β-シトステロールグルコシド」におけるセラ…
  8. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…

おすすめリンク先

PAGE TOP