食品素材の記事

加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売

タマ生化学は、加熱調理のできる高濃度EPA/DHA粉末を拡充し、2月から本格販売を開始する。製品はEPAを280mg/g以上に規格化した「EPAパウダー300」とDHAを280mg/g以上に規格化した「DHAパウダー300」を品揃え。健康志向の焼菓子やベーカリー商品などをターゲットに、小麦粉等への粉/粉混合や練りこみでの使用を提案する。

本製品は、自社工場で製造したマグロ・カツオ由来のDHAオイルとイワシなどの青魚を主体としたEPAオイルを原料に使用し、酵素架橋ゼラチン技術(マイクロカプセル化)を有する国内協力工場で高濃度のまま粉末化している。臭いが少なく、酸化安定性に優れており、加熱調理した後も魚臭くなりにくく、EPA/DHAが劣化しない。

小麦粉等への粉/粉混合や練りこみにも適しており、昨年10月開催の食品開発展2019では、これらパウダーを使用したチョコ味のDHAクッキーとEPAクッキーを用意。1個あたりそれぞれ600mg配合し、高配合でもおいしさが実感できることを来場者にアピールし、好評を博した。

関連記事

  1. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  2. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  3. セティ、オーラルケアで注目のロイテリ菌を新発売
  4. 池田糖化工業、乳酸菌とカルシウムを含んだ発酵粉末原料を上市
  5. 食品と開発 ニュース 第一工業製薬、ショ糖脂肪酸エステル値上げへ
  6. 飲料用に自社素材を紹介、サンプル提案も― 一丸ファルコス
  7. カーギルジャパン、新ブランドのエリスリトールを販売へ
  8. スポーツニュートリション 清水化学、「CarnoSyn®」ブランドのベータアラニン販売開始…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP