食品素材の記事

オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見

オリザ油化は、唾液分泌促進効果を訴求した機能性食品・化粧品素材「花椒オイル(Saliva Moist™)」について、虫歯菌の増殖を抑制する抗う蝕効果を見出し、特許を出願した。

花椒オイルのS.mutans菌の増殖抑制、または殺菌作用があるか、in vitro試験を行った。すると、花椒オイルにはほぼ濃度依存的にS.mutans菌の増殖抑制効果があることが確認できたため、口腔内においてもS.mutans菌の増殖抑制効果が期待できると考えられた。

花椒オイルについては、すでにヒト試験において唾液の分泌促進作用が確認されており、ドライマウス症状の改善に有効なオーラルケア素材として紹介しており、今回新たになったS.mutans菌の増殖抑制効果と合わせ、2つの口腔ケア効果を持つ新素材として提案していく。キャンディ、ガム、グミ、可食フィルム、錠菓、歯磨き粉など、幅広い製品への利用が可能と考えられている。

関連記事

  1. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  2. 東洋サイエンス、ビタミンなどのリポゾーム化製剤の販売開始
  3. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  4. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  5. トルラ酵母由来食物繊維の食後血糖値上昇抑制効果を確認
  6. 全国で採用が広がる「シールド乳酸菌®M-1」
  7. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  8. マキベリーエキス「Delphinol®」の骨粗鬆症改善に関する新…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP