食品素材の記事

オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見

オリザ油化は、唾液分泌促進効果を訴求した機能性食品・化粧品素材「花椒オイル(Saliva Moist™)」について、虫歯菌の増殖を抑制する抗う蝕効果を見出し、特許を出願した。

花椒オイルのS.mutans菌の増殖抑制、または殺菌作用があるか、in vitro試験を行った。すると、花椒オイルにはほぼ濃度依存的にS.mutans菌の増殖抑制効果があることが確認できたため、口腔内においてもS.mutans菌の増殖抑制効果が期待できると考えられた。

花椒オイルについては、すでにヒト試験において唾液の分泌促進作用が確認されており、ドライマウス症状の改善に有効なオーラルケア素材として紹介しており、今回新たになったS.mutans菌の増殖抑制効果と合わせ、2つの口腔ケア効果を持つ新素材として提案していく。キャンディ、ガム、グミ、可食フィルム、錠菓、歯磨き粉など、幅広い製品への利用が可能と考えられている。

関連記事

  1. ニューノーマル時代へ粉末MCTを拡販
  2. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  3. 栄養価そのままに長期熟成の醗酵黒にんにくを粉末化
  4. 高い生体利用効率が期待される水溶性フラボノイド含有レモンエキス発…
  5. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…
  6. 丸善製薬、ヒハツ抽出物およびピペリン類のむくみ改善作用のメカニズ…
  7. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  8. オリザ油化、紫茶エキスとマキベリーエキスに、AGEs産生抑制とA…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP