食品素材の記事

オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見

オリザ油化は、唾液分泌促進効果を訴求した機能性食品・化粧品素材「花椒オイル(Saliva Moist™)」について、虫歯菌の増殖を抑制する抗う蝕効果を見出し、特許を出願した。

花椒オイルのS.mutans菌の増殖抑制、または殺菌作用があるか、in vitro試験を行った。すると、花椒オイルにはほぼ濃度依存的にS.mutans菌の増殖抑制効果があることが確認できたため、口腔内においてもS.mutans菌の増殖抑制効果が期待できると考えられた。

花椒オイルについては、すでにヒト試験において唾液の分泌促進作用が確認されており、ドライマウス症状の改善に有効なオーラルケア素材として紹介しており、今回新たになったS.mutans菌の増殖抑制効果と合わせ、2つの口腔ケア効果を持つ新素材として提案していく。キャンディ、ガム、グミ、可食フィルム、錠菓、歯磨き粉など、幅広い製品への利用が可能と考えられている。

関連記事

  1. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  2. ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介
  3. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売
  4. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  5. 便通改善や免疫活性機能をもつオリゴ乳酸「LAC」―機能研究進む
  6. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介
  7. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…
  8. 打錠用グレードによる打錠サンプル 物産フードサイエンス、エリスリトールの打錠用グレードを発売

おすすめリンク先

PAGE TOP