食品素材の記事

蝶理、高麗人参を美肌向け素材として提案

蝶理では、美肌向け素材として発酵高麗人参エキス「HYFRG™」を提案している。韓国ヤクルト社の製品で、キムチの乳酸菌で発酵させることでコンパウンドK(C-K)の吸収性を高めている。

動物試験で紫外線によるしわ予防(しわの数、長さ、深さ)と保湿効果を確認済み。美容だけでなく免疫賦活や抗疲労効果も併せ持ち、幅広い製品に対応できる素材として提案している。

人参の生理活性物質は多種多様なサポニンとされているが、個々人の代謝能力によりC-Kが産生されにくい場合もある。そこで発酵させることでC-Kの含量を高め、体内吸収率を向上させることに成功した。

動物試験ではC-Kの吸収量は一般的な人参エキスの約11倍も多く、臨床試験では腸管からの吸収が白参、紅参に比べて早く、多く吸収したことを確認。血中のC-K濃度をみると紅参エキスの115倍にもなっていた。なお試験では被験者全てで一定して高いC-K吸収量となったことも確認している。

※食品と開発7月号では、上記のような「美容向け素材」の記事を掲載しています。
ご購読に興味のある方は⇒
https://www.kenko-media.com/form/?type=sub&media=food_devlp

関連記事

  1. スポーツ向け素材のニューフェイス「オキシストーム」
  2. オリザ油化、米由来GABA「オリザギャバ」の睡眠と肌弾力機能に関…
  3. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  4. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  5. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  6. 池田糖化工業、水分散性良好な「大豆プロテインEZ」を上市
  7. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  8. 小林香料 HMB・Caの定量分析法を一般公開へ

おすすめリンク先

PAGE TOP