食品素材の記事

「生コーヒー豆エキス」が機能性表示食品で血糖値とBMI改善のダブルヘルスクレーム可能に

オリザ油化の「生コーヒー豆エキス」を配合した機能性表示食品がこのたび、①食後の血糖値を緩やかにする機能、②内臓脂肪・体重低下作用による高めのBMI改善というダブルヘルスクレームで受理された。

同社では、機能性関与成分をコーヒー生豆由来クロロゲン酸類として、食後の血糖値を緩やかにする作用及び、内臓脂肪・体重低下作用による高めのBMIの改善作用を有する研究レビューをまとめ、同成分を配合した機能性表示食品の届出が受理された(届出番号:G1074、G1095)ことを発表した。

受理製品は「生コーヒー豆エキス-WSP」(クロロゲン酸類40.0%以上)を使用しており、機能性関与成分のコーヒー生豆由来クロロゲン酸類が1粒あたり60 mg配合されている。

届出番号G1095をみると、表示は「本品にはコーヒー生豆由来クロロゲン酸類が含まれます。コーヒー生豆由来クロロゲン酸類120 mg(本品2粒)には食後の血糖値上昇を緩やかにする機能、コーヒー生豆由来クロロゲン酸類180 mg(本品3粒)には肥満気味の方の内臓脂肪や体重の減少を助け、高めのBMIの改善に役立つ機能が報告されています。肥満気味の方、BMIが高めの方に適した食品です。」となっている。

血糖値改善とダイエットが1素材で訴求できる機能性表示食品は、コーヒー生豆由来クロロゲン酸類では初であり、その中でも体重の低下を謳える点が大きな特徴となる。同社は今回の届出受理を機に、ダイエットや血糖値について訴求した機能性表示食品に興味ある潜在顧客への積極的な提案を行っていく。

関連記事

  1. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  2. 丸善製薬、退色・変色防止剤「サンカノンFRL」の利用に関するオン…
  3. 溶解性と味質がクリアな新イチョウ葉エキス開発
  4. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  5. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  6. “手軽な菌活”向けの商品開発におすすめの乳酸菌発酵粉末
  7. スポーツ向け素材のニューフェイス「オキシストーム」
  8. BGG Japan、内臓脂肪低減作用で受理実績を持つ「アップルフ…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP