未分類

2022年4-6月期における豆乳類の生産量は106,916kL 前年同期比ほぼ同量

日本豆乳協会は、2022年4-6月期における豆乳市場の動向について、豆乳類全体の生産量が106,916kL(前年比99.5%)であったことを発表した。

分類別の生産量は
・豆乳(無調整) 32,957kL(108%) 引き続き増加
・調製豆乳 51,088kL(97.2%)
・フレーバー系の豆乳飲料(その他)14,920kL(96.6%)
・果汁入り豆乳飲料 4,391kL(90.8%) 前年をやや下回った
出荷量も生産量と同様の傾向を示している。
なお、主に業務用を用途とする「その他」のカテゴリーは3,561kL(87.3%)と、外食需要の減少による影響を受けた。

豆乳協会では、コロナの影響により買物の仕方に変化が現れ、長期保存が可能な豆乳の需要がさらに高まったことも増加の一因とみている。特に、4-6月期は暑い日が多かった事から、コーヒーや紅茶などと混ぜて飲むソイラテや、シリアルにかけて食べるなどの需要があった。「豆乳(無調整)」のリピート購入が増え、暑い時期でも食べやすく大豆の栄養が摂取できる料理等の需要が拡大したことが増加の要因になったと考えている。

関連記事

  1. 古くて新しい国インド
  2. 薬から食品へ、変わる小売業の“顔”
  3. 【2月号】緑茶素材と健康茶の市場動向
  4. 7月10日はブラックジンジャーの日―丸善製薬が記念日登録
  5. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用が進む乾燥技術
  6. DHA・EPA協議会、公開講演会を開催―DHA・EPAに関する研…
  7. 【支援技術】食品表示・記録関連技術の最新動向
  8. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP