関連トピックス

三菱ケミカル、傘下の三菱ケミカルフーズを統合

三菱ケミカルは6日、完全子会社である三菱ケミカルフーズを2021年4月1日付で吸収合併することを発表した。

三菱ケミカルホールディングスグループは中長期経営基本戦略「KAITEKI Vision 30」において、「持続可能な食糧・水供給」や「健康でいきいきした暮らしの実現」を解決に貢献すべき社会課題のひとつとして捉えており、今回の統合を通じて三菱ケミカルはこれらの事業領域の成長・強化を目指す、としている。

具体的には、2021年4月付で三菱ケミカルの事業単位を見直し、製品や市場分野の軸で集約する組織再編を行う予定。三菱ケミカルフーズは、これまで三菱ケミカル高機能化学部門の食品事業本部と一体になって、シュガーエステルやビタミンEをはじめとする多彩な食品機能材、食品素材、および医薬原材料の事業を幅広く展開しており、19年4月には「飲料・加工食品事業部門」「食品・ニュートリション事業部門」「医薬原材料事業部門」の3事業部門に組織変更した経緯がある。今回の統合により、基礎研究から製品開発、製造、販売、テクニカルサービスに至るまで、三菱ケミカルグループ内の「食糧・水供給」と「健康」事業領域に関わる資源を一つに集約する、としている。

今後、さらに外部資源の導入含め、あらためてビジネスモデルを広く構想し、付加価値の高いソリューションを提供することで持続可能な社会の実現に向けて貢献する。

関連記事

  1. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…
  2. 豆乳 家庭内で豆乳購入率が増加し、高校生の摂取頻度が増加傾向に
  3. デジタル・トランスフォーメーション(DX)の取り組みと活用事例の…
  4. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  5. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  6. 林兼産業のエラスチン、血管の機能性表示で受理
  7. 食品開発展オンライン プレゼンテーションフォートナイト 参加企業…
  8. EGCGは腸内細菌叢と胆汁酸との相互作用を調節して脂肪性肝疾患を…

おすすめリンク先

PAGE TOP